Event is FINISHED

ジョブズ&アップル研究会 by Zoom 8.22(土)第1期③〜ジョブズの構想に大きな影響を与えたアラン・ケイのDynabook Concept〜開催

Description
「コロナ禍の今だからこそ学びたい!」という人を募集します
ジョブズ&アップル研究会 by Zoom
8.22(土)「第1期③〜ジョブズの構想に大きな影響を与えたアラン・ケイのDynabook Concept〜」開催!
第1期生(2020年8月期生)募集中!
第2期生(2020年9月期生)前売り中!(2020年8月21日(金)まで)

今回は、第1期生最後の講義なので、「コロナ禍の今だからこそ学びたい!」というテーマの核心に迫ります。すなわち、「Think Different(発想を変える)」は、私たちが直面する世界的な大混乱と、未来社会のシステム設計にどう生かせるかということです。そこで問題解決の鍵を握っているのが、アラン・ケイの「コミュニケーション・アンプリファイア(コミュニケーション増幅装置)」という考え方です。「社会」とは「コミュニケーション・システム」である。この「コミュニケーション・システム」がサスティナブル(持続可能)であるための「アンプリファイア(増幅装置)」をどう設計し、実装してくか? そこに問題解決の鍵があります。「ベーシックインカム」も「仮想通貨」も「5G」も、この「CAS(コミュニケーション・アンプリファイア・システム)」とセットで導入しなければ、うまく機能しないでしょう。「可視化」「共感」をどうコミュニケーション・システム・デザインの中に盛り込んでいくか? といったテーマについてディスカッションしていきます。

倒産寸前だったアップルをV字回復させ、ついには時価総額世界一企業にまで押し上げたジョブズの「Think Different(発想を変える)」。この「魔法の言葉」「魔法のメソッド」にコロナ禍の今だからこそ学ぼうということでスタートしたのが「ジョブズ&アップル研究会 by Zoom」です。8月22日(土)10:00〜12:00に開催する第1期③のテーマは、「ジョブズの構想に大きな影響を与えたアラン・ケイのDynabook Concept」です。アップルは1984年、Macintoshでパーソナルコンピュータの世界標準を確立したものの、1995年にマイクロソフトがWindows 95を発売したことで、そのお株を奪い取られ、その命運は風前の灯となっていました。そこに奇跡的な復帰をしたジョブズが、なぜアップルを復活させることができたのか? それは、アラン・ケイのDynabook Conceptをきちんと理解し、それをiPhone、iPadに結実させることができたからです。しかし、実は、iPhone、iPadはまだまだ序の口にすぎません。アフター・コロナの未来社会デザインにまで関わるDynabook Conceptの壮大な構想について考察します。第1期生と併せて第2期生も募集します。

【ジョブズ&アップル研究会 開会の辞】
世界中がコロナ禍に襲われ、政治的にも経済的にもますます混乱がエスカレートしていく今、
どうすれば現状を正確に把握し、勇気と信念をもって、主体的に未来を創造していくことができるのか? 今、世界中の誰もがこの深刻な問題に直面しています。そして、誰もがひとりひとり自ら考え行動していかなければなりません。
「Think Different(発想を変える)」という言葉をご存知でしょうか? 1997年、倒産寸前だったアップルに奇跡的な復帰を果たしたスティーブ・ジョブズが、アップルを劇的にV字回復させ、ついには時価総額世界一企業にまで成長させた「魔法の言葉」です。そして、「魔法のメソッド」なのです。
今や、世界中の多くの国家が、そして多くの企業、学校、家族、個人が、倒産寸前の状態であるといっても過言ではありません。では、どうすればいいか? 答えは、「Think Different(発想を変える)」にあります。
「ジョブズ&アップル研究会 by Zoom」は、毎月三回シリーズで、「スティーブ・ジョブズ」「アップル」「情報革命」について、現在、私たちが直面している問題と対比しながら研究してゆくオンライン・セミナーです。講師は、日本で最初のMacintosh専門誌を創刊し、『The History of Jobs & Apple』『ジョブズ伝説』を著した、日本におけるスティーブ・ジョブズとアップル研究の第一人者である株式会社クリエイシオン代表取締役の高木利弘が務めます。

■日時
 第1期③ 2020年8月22日(土)10:00〜12:00
      ジョブズの構想に大きな影響を与えたアラン・ケイのDynabook Concept
 第2期① 2020年9月5日(土) 10:00〜12:00
      新型コロナ危機をジョブズの「Think Different」でどう乗り切るか?
 第2期② 2020年9月19日(土)10:00〜12:00
      ジョブズの「悟り」とブッダ/レオナルド・ダビンチの驚くべき共通点
 第2期③ 2020年9月26日(土) 10:00〜12:00
      ジョブズの志を継ぐとは、未来社会を創造することである

■参加費
 第1期③ 8月22日(土) 2,000円
 第1期生 全3回 (①②③) 6,000円(第1期①②は録画映像の視聴となります)
 第2期生 全3回前売り   4,000円(前売り期間は8月21日(金)までとなります)

※できるだけ第1期生チケット、第2期生チケットのご購入をお薦めします。特典として、期間中、何度でも各回のセミナーの録画映像をご覧いただけるとともに、Facebookの「ジョブズ&アップル研究会」メッセージ・コミュニティに参加して議論を継続していくことができます。ご不明な点は、Peatixメールにてお問合せください。
■講師プロフィール

高木利弘(たかぎ としひろ)

株式会社クリエイシオン代表取締役
自他ともに認める日本におけるスティーブ・ジョブズとアップル研究の第一人者。
1955年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。1986年、日本で最初のMacintosh専門誌『MACワールド日本版』を創刊。翌1987年に『MACLIFE』 を創刊し、その斬新なデザインと先進的な内容で一世を風靡する。数多くのコンピュータ関連雑誌の編集長を歴任し、DTP、マルチメディア、インターネットなど情報技術の最前線をいちはやく日本に紹介する。スティーブ・ジョブズに直接インタビューしたことのある数少ないジャーナリストのひとりであり、『The History of Jobs & Apple』『ジョブズ伝説』をはじめ、数多くのジョブズ論、アップル論を世に送り出す。2000年、ナレッジプロセッサKacis Writer/Kacis Publisherを開発。知的生産性を飛躍的に向上する画期的な製品であるとしてSOFTIC「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2001」を受賞する。経済産業省情報セキュリティ啓発活動「インターネット安全教室」を企画プロデュース。東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)報告書を編集。2017年、米国『WIRED』創刊編集長ケヴィン・ケリー著『<インターネット>の次に来るもの』(NHK出版)をベースにした12回連続の「ホロス2050未来会議」を開催。2018年、次世代教育プラットフォーム構築を目指す知の冒険カードゲームColleCard「IT25・50」を発売。2018年12月10日、インターネット商用化25周年、ダグラス・エンゲルバートThe DEMO 50周年を記念してアラン・ケイ基調講演「IT25・50」シンポジウムを開催。2019年12月9日、「IT革命の父」ダグラス・エンゲルバートのThe Demo 51周年を記念してデジコンサロン・スペシャル「ITday Japan 2019〜IT監視社会か? IT市民社会か? それが問題だ〜」シンポジウムを開催。『インターネットの世界』『GII 世界情報基盤』『電子書籍ビジネス調査報告書』『CGM/SNSビジネス調査報告書』『iPhone・iPadヒットアプリ調査報告書』『Google Android調査報告書』『電子黒板・学校ICT化の将来展望』『スマートTVと動画ビジネス』などインターネット、デジタルコンテンツ関連書を数多く手がける。








Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#702276 2020-08-18 13:54:16
More updates
Sat Aug 22, 2020
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
第1期③ 2020年8月22日(土) SOLD OUT ¥2,000
第1期生 全3回 (①②③) SOLD OUT ¥6,000
第2期生 全3回前売り SOLD OUT ¥4,000
Organizer
「ホロス2050」グループ
2,269 Followers

[PR] Recommended information